電子水とは

電子水とは、どのような水でしょうか?

電子水とは、どのような水でしょうか?
 
ひとことで言えば「酸化を防ぐ水」と考えてください。
人間の体は多くの細胞の集合体で、その細胞の数は60兆個もの数があると言われています。
細胞は「分子」から作られています。水やブドウ糖が分子なのです。
さらに「分子」は「原子」の集合体で分子は水素や炭素があります。
 
「原子」は「原子核」と「電子」に別れます。
原子核はプラスの性質があり、電子はマイナスの性質があります。
このように人間の体の研究は進んでいます。
 
普通の健康体の人の原子は、原子核のプラスの数と、その周囲を運動している
マイナスの電子が等しい状態にあります。
原子のプラス要素とマイナス要素がお互いに打ち消しあって「中性」になります。
とても、安定しているから健康なのです。
 
問題になるのは「電子」がとても逃げやすい性質を持っていることです。
電子の数が減少してしまうと、バランスが崩れてしまいプラスの性質に偏ってしまいます。
 
では、そんな状態はどういった影響があるのでしょうか?
 
全体的にプラスイオンが増えてしまうと、情緒面・仕事の能率に悪影響がでてきます。
不快感を感じたり、食欲が減退したりします。
 
体は周囲の物質から電子を探して中性状態にしようと安定化を目指します。
これがもしも酸素の場合は困ります。
プラスの性質になってしまった酸素が体の中の細胞から電子を奪ってきます。
体に害を与えることいなります。
このようにできたのが「活性酸素」です。
テレビの健康番組でも頻繁に紹介される有害物質です。
 
私達が健康であるには体がバランス良い状態がいいです。
プラスとマイナスが理想。
電子の数が減るとバランスが崩れて、電気的にプラスの性質を持ちますが、
これを「酸化」と言います。
学生時代に習ったことがあると思いますが、金属が朽ちて錆びることです。
 
同じように食品が腐ることも人間が疲れることも「酸化」が原因です。
 
そこで電子水が注目されているのです。原子に電子を補完してあげて、
強制的にプラスマイナスのバランスをとります。
電気的に安定した状態を作り上げてくれます。
電子水は体の酸化を防ぐ画期的な商品なのです。
では、電子水はどういった特徴があるのでしょうか?

電子水